クレジットカードで、お金が借りられます!

カード

急な出費で支払い期限が近づいた時、キャッシング枠を設定しているクレジットカードで、簡単に・すぐにお金を借りることができます

しかも、手続きは必要なく、手持ちのクレジットカード提携ATMで、借りられるのでイザという時に便利です。

そうです!
クレジットカードがあれば、いつでも・どこでも急なキャッシングが可能なんです!

クレジットのキャッシングとは?

まず、クレジットカードには以下の2種類の機能が付いています。

●ショッピング機能
これは、持っているクレジットカードの加盟店で買い物・ポイントが溜まる機能です。

●キャッシング機能
キャッシング機能は、持っているクレジットカードを使って、直接お金がおろせる機能です。

キャッシング機能は、クレジットカードを作る際に「キャッシング枠」を設けるサービスを追加することで、VISAやJCBのマークのあるATMでお金を借りる事が出来ます。
なおクレジット会社の儲けとして、キャッシングの手数料収入は大きいので、クレジットカードを作る際や、更新時に、キャッシング枠を設ける事を進められます。

クレジットカードキャッシングの時の、利息はどうなる?

利息

金利(利息)は、年利18%が一般的です。

次の給料日などに返すのであれば、プロミスのキャッシングを利用した方が30日間は無利息で借りられるので、お得です。

プロミスで30日間無利息で借りるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
245x135(オレンジ)

利息の計算方法

利息の計算は、覚えると意外と簡単です。
20万円を1カ月借りた場合を例に計算してみます。

利息は、以下の計算式で出せます。
借りた金額 × 年利x(借りた日数/365日) =30日間分の利息

VISAカードなどのキャッシング枠で借りた場合

利息が年利18%と仮定して計算してみます。

1ヶ月分の利息は、
20万円x0.18x(30/365)=2958.90切り上げて 2959円になります。

プロミスなどの場合、短期間であれば金利は0円

0円

プロミスで、クレジットカードキャッシングを利用すると、
プロミスなら30日以内に返せば、金利は0円です!
審査も最短で即日なので、30日以内の借り入れであれば、こちらの方がお勧めです。

プロミスで30日間無利息で借りるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

ショッピングの場合~

クレジットカードを使ってショッピングをすると、通常の場合はショッピングした翌月払い・或はボーナス払いが多いのですが、この場合の一括払いなら手数料は0円です!

ただしクレジットカード種類によっては、リボ払いやボーナス2回払い時の金利がかかる場合もあるので、最初にしっかり確認しておきましょう!

クレジットカードキャッシングの場合~

クレジットカードを使ってキャッシングをした場合は、金利がかかります!

通常100万円未満の場合が、大体18.0%
100万円以上で、大体15.0%の場合が多いです。

しかし、クレジットカードの種類やグレードなどによって、かかる金利が変わってくる場合もあります。

中でも、ゴールドのクレジットカードだと信用性が高く・返済能力が認められるため、キャッシング時の金利は、普通のクレジットカードより大分低くなる場合が多いです!

クレジットカードキャッシングの方が、速い!

OK

急に現金が必要となった時、多くの人が消費者金融の借入れサービスを思い出します…

ですが、消費者金融に借入れを申し込んでも、金額や状況・条件・審査などによっては、すぐに借りれない場合もあります…

しかし、クレジットカードを持っていれば、すぐにお金をおろすことが可能です!
プロミスでも即日、審査を通してお金を借りる事も可能ではあります。

急な飲み会や・ご祝儀などで、手元にも銀行の残高も不足する場合は、クレジットカードキャッシングがおススメです。

借りた分は、自分の都合に合わせ・計画的に分割して返済することができるので、焦る必要も・不安になる必要もありません。

しかも、他の種類の消費者金融サービスと同じく、クレジットカードキャッシングも個人向けサービスとして、特別担保なども要らないので、キャンシング枠金額の範囲内であればいくらでも借りることが可能です。

「借りる」という意識を持とう

借金

確かに、自分のクレジットカードを使ってお金をおろすので、感覚的には自分のお金のように勘違いすることもありますが…

そのおろしたお金は、自分の物ではありません!
借金です!

あくまで、自分のクレジットカードを担保に、銀行からお金を借りたということを忘れないようにしましょう!

クレジットカードの「キャッシング枠」は、今あるカードで手軽にお金を借りる事が出来ますが、「お金を下す」という意識でいると、いつか借金地獄になる可能性もあるので本当に危険です。